English
facebookへ

公益財団法人二階堂美術館

二階堂美術館について
二階堂美術館について

 二階堂美術館は、海の幸豊かな別府湾に面し、神々の宿る国東半島南端部に位置する、大分県日出町(ひじまち)にあります。日出町は、今ではその石垣のみを残す暘谷城(日出城)跡からの海と山の素晴らしい眺望や、豊後三賢の一人でもある、儒教家、経世家・帆足万里、また「荒城の月」で名高い作曲家・滝廉太郎の本家瀧家(瀧家は代々日出藩の要職を務めてきていました)など、著名な文人にもゆかりの多い、文教の地です。
 さて、この文教の地に江戸時代から酒造りを営んできた二階堂酒造は、今日では麦焼酎会社として日出町また大分県を代表する企業として精進しておりますが、さらなる地域・社会貢献を目指して、代々受け継ぎ、収集してきた美術品を広く公開するべく、平成6年に「二階堂美術館」を設立しました。

 横山大観や川合玉堂、上村松園、また郷土出身作家でもある福田平八郎など、近代から現代の日本画の作品を展観できる、全国的にも数少ない日本画専門の美術館です。コレクションは850点を超え、特に最近では少なくなってきた床の間を飾る掛け軸の作品が多くコレクションにあります。掛け軸の多くは絹本(けんぽん)に描かれており、紙本との違いを知る機会でもあります。
 お気に入りをひとり占めできる、贅沢な時間と空間をお楽しみください。

沿革
平成 5年 9月 9日
財団法人二階堂美術館設立発起人会
平成 6年 4月 1日
財団法人二階堂美術館  認可
平成 6年 10月 7日
落成式
平成 6年 10月 10日
開館 開館記念展「近代日本画の作家たち-伝統の復興と新画風の開拓-」
平成 6年 12月 22日
博物館法第二条規定による「登録博物館」登録
平成 24年 4月 1日
公益財団法人二階堂美術館 認定
平成 26年 10月 02日
開館20周年記念式典
開館20周年記念特別展「東西の日本画」
刊行物
平成 6年 5月 1日
「近代日本画の作家たち」(二階堂美術館作品選Ⅰ)
平成 9年 1月 7日
「二階堂美術館作品選」(Ⅱ)
平成 16年 10月 28日
「二階堂美術館作品選Ⅲ」
平成 26年 10月 02日
「二階堂美術館所蔵作品選」 (小冊子)

※刊行物の販売は行っておりません。

TOPへ